幼児教育と早期教育は違う?早期のいいところとは

早期教育と脳の発達

子どもの体は11歳で大人とほぼ同じに成長すると言われています。
脳の発達は0歳から3歳までは右脳が優位に働くと聞いたことはありませんか。
また得意なものから判断して右脳タイプや左脳タイプで分けられることがあります。
右脳はひらめきや創造、直感やイメージに関するものを自動で大量に処理しています。
左脳は言語や意識、表現や統合といった計算や分析に関してゆっくり少しずつ処理しています。
右脳が優位に働く0歳から3歳の間に外からの刺激を与えることで直観力が高まるとされ、左脳も合わせて成長していくのだそうです。
このことから早期教育といえば脳の成長に合わせて行う代表的なものとしています。
脳の発達には教育も大切な要素ですが、一番効果が大きいのは親からの愛情です。
早期教育を受けるために子どもと過ごす時間や働きかける時間が増えます。
子どもも親から見守られているという安心感が情緒の安定になるのです。

パターン教育と早期の効果はいかに?

幼児教育と違う点は、先取り学習です。
胎児や乳児に外からの刺激として行う「超早期教育」、「飛び級」や同じ学年でもより高度な内容を学習する「早修」があります。
右脳が優位に働く期間を利用した内容にパターン教育があります。
理屈抜きに示されたものを同じパターンを繰り返すことによって覚えようとすることなく自然に頭に入るというものです。
遊びの要素を取り入れやすいので脳への負担が少ないとも言われているようです。
早期教育を実際に取り入れて良かったことの一つに、勉強をすることに抵抗があまりなかったという声がありました。
学校の勉強が嫌いで宿題もままならないという話をよく聞きます。
小さいころから勉強する環境に慣れさせ姿勢を身に付けておけば、勉強が大好きな子に育つかもしれません。
すべては子どものための先行投資、みなさんはどう判断しますか?


▲ TOPへ戻る